« 日本の高校生の弁当タイムがなぜか外国人に大人気 | トップページ | ミッキーマウス+東方のコラボ »

レノボからThinkPad新製品登場

レノボ・ジャパンに新たなThinkPadファミリー、SLとWをラインアップ(CNET Japan)より
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20377344,00.htm

新しくシリーズとして追加されたのは、以下の2つ。

●ThinkPad SLシリーズ
モニタ:14インチ・ワイド
価格:13万6500円より
位置づけ:Lenovo3000の後継機種

●ThinkPad Wシリーズ
モニタ:15インチ・ワイド、WUXGA(1920×1280)
価格:36万円前後
位置づけ:T61pの後継機種

他にも、Rシリーズの新機種としてR400とR500、TシリーズにT400とT500、
XシリーズにX200が追加される。

新シリーズは、ちょっと気になる。
いや、欲しいという意味ではなくて、ThinkPadシリーズの中での位置づけが
ちょっとぶれてきているのではないか、という意味で。
SLはLenovo3000の後継とあったけど、Lenovo3000があまり売れなかったから
ThinkPadシリーズに放り込んでしまうということ?
それはブランドイメージにとってマイナスなので、是非とも止めて欲しい。
Wシリーズは、ThinkPadで一番高くて高性能な機種を、
別のラインナップにしたということでFA?

あと、R400やR500は、既存のR61eなどを残したままになるのか?
金額的にはそうなりそうだけど、ラインナップが複雑になりすぎないか、
ちょっと心配だ。
X200は、X300と間違われそうだけど、価格的にはX61の後継になりそう。

|

« 日本の高校生の弁当タイムがなぜか外国人に大人気 | トップページ | ミッキーマウス+東方のコラボ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の高校生の弁当タイムがなぜか外国人に大人気 | トップページ | ミッキーマウス+東方のコラボ »