« 疲れたときに休むだけなのは逆効果 | トップページ | ウルトラセブン第12話「遊星から愛をこめて」ありました! »

小児医療無料化で、逆に医療が受けられなくなる

みんなの意見で社会が滅ぶ(レジデント初期研修用資料)より
http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/86

> うちの地域でも、中学生以下の小児医療が無料になる。来年あたり
> から本決まりになるみたいで、まだかろうじて生き残っている、小
> 児救急やってる先生がたは、今からもう「終わった」とか言ってる。
(中略)
> ワーストケース想定するなら、たぶんうちの地域の基幹病院は小児
> 救急回せなくなって、地域にここしかない新生児集中治療室は稼働
> できなくなる。県内に、また「子供を産めない街」ができて、夜間
> 子供が病院にかかろうと思ったら、県庁所在地あたりまで行かない
> と難しくなる。

無料になると、夜間(時間外)外来に来る人が増えて、
とてもじゃないが、外来が回せなくなる…ということらしい。

結果が見えているのに、どうにもならんというのも歯がゆいものだ。
どこかの地域では、子供を持つ親たちが結束して
「軽症のときは、日中に受診する」というのを徹底させて、
地域の夜間外来を破綻から救ったとか。
ただ、どこでもそういうわけにはいかないだろうから、
小児救急が破綻する地域もたくさん出てくるだろうなあ。

無料にすることで、親の負担を軽くするはずだったのが、
よけい親の負担が重くなるわけで。

|

« 疲れたときに休むだけなのは逆効果 | トップページ | ウルトラセブン第12話「遊星から愛をこめて」ありました! »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疲れたときに休むだけなのは逆効果 | トップページ | ウルトラセブン第12話「遊星から愛をこめて」ありました! »